« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

憎っくき親知らず

この何日忙しくパソコンすら見ない日が続いた・・・。

のもありますが、わたくし体調不良?ちゅ~か、ずっと歯痛で死んでました。

歯が痛いので体調不良という方がいいかも。

先日親知らずが虫歯になって歯医者に通ってましたが、もう抜かなくてはいけないと先生から言われてました。

抜くのも怖かったし、痛みも治まったので忙しいのもあり歯医者に行かなかったのです。

そしたら、また痛くなって毎日鎮痛剤を何個も飲む日々・・・。

絶対に体には悪いとは思いながらも歯医者に行かなかった。

鎮痛剤は胃に悪く、毎日一日三回も飲んでたら胃をやられて食欲が全くなし。

最後には上の親知らずなので、耳からこめかみにかけて痛くなって頭痛にうなされ、夜も歯が痛くて目が覚めるんです。

どうしようもなく昨日歯医者に駆け込んだ。

「もうダメですね・・・、今日は痛みがあるので薬を詰めておきますので明日抜歯しましょう」と言われた。

恐いのもあったけど、もうこんな歯痛の毎日を過ごすくらいなら・・・の覚悟で遂に今日抜歯をしてきました。

心臓バクバク、血圧はいくらぐらいあったのだろうか?

たぶん200はゆうに超していたと思う。

私は若い時、歯科医院に勤めていたので親知らずの抜歯には何人も立ち会ってきた。

それがいけなかったのか?すぐに抜けるような抜歯は記憶にないが、なかなか抜けない親知らずの患者さんのことばかり記憶に残っている。

私は一体どうなるんだろ~?とすんげ~不安だった。

麻酔も効いてきて抜歯が始まって、ゴリゴリ、ガキガキ・・・。

すんごい音がしてどうなることかと思ったら、何分もしないうちに「はい、抜けましたよ!」

って感じだった。

あ~、こんなにも簡単に抜けるんだったら、痛いのを何日も我慢して、体調まで崩して我慢する必要なんかなかったじゃんよ~・・・と後悔してしまった。

親知らずというものはいつ生えてくるかわかんない。

私は1本も親知らずがなかったが、40歳過ぎて親知らずが生えるのは私ぐらいかもしれない。

抜歯後も痛いと聞いていたが全然痛くもないし、食欲も戻ってきた。

歯が痛いというのが、ほんと厄介なもんだと痛感した。

どんなものを食べても美味しくないし、歯医者に行って治療しなくては、進行することはあっても治るということは絶対にないからね。

今夜は久しぶりにゆっくりと眠れる夜になるであろう・・・。

なんて幸せなんだ!

これを機に、悪い所は全部治してもらおうと決心したしだいでございます。

002 003_2 いっぱい記事にすることはあったのですが、その元気もなく今日に至ったのですが、太郎も肉球に怪我をして暫く足を引きずっていましたが、もうすっかり元気になりました。

こうたは相変わらず元気です。

その太郎の病院に行った時の記事も書かなくてはいけないけど、また次回っちゅ~ことで 。

歯は痛くても色々あった数日間でした・・・。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

父ちゃんの夢、破れたり・・・

先週は比較的暖かかったのに、また今週は雪がちらつく寒さ。

これは日曜日、父ちゃんと三人で今は休業中のオートキャンプ場にお散歩に連れて行った写真。

最近では週末には必ず父ちゃんが帰って来てるので(ほんとは帰ってこなくていいんだけど・・・)太郎もこうたも、それが当たり前の生活になりつつある。

004 006 車を降りたら嬉しくって走りまわる太郎。

おいおい、そこまで行くと下は断崖絶壁、海に落ちてしまうぞ~~~!

そんなのお構いなし。

011 005 父ちゃんが思いっきり木を投げると、走って行ってそれをとって来てそばに駆け寄る・・・。

まあ、オヤツ欲しさに持ってくるんですけどね。

最近は父ちゃんは家の者には相手にされないので(母ちゃんを含め)太郎の相手がしたくなったようだ・・・。

太郎は別に散歩に連れて行ってくれて遊んでくれれば誰でもいいんだけど、父ちゃんは「俺との散歩を楽しみにしている・・・」という勘違いを起こしているが、そういうことにしておこう。

・・・で、父ちゃんの夢は儚く散っていった。

以前も話題にしましたが、次男が高校卒業したら、父ちゃんと一緒にまた住もう・・・という事を話していました。

そりゃあ、社宅では太郎もこうたも飼えないので、どこか一軒家でも借りて。

そしてまた転勤族が始まるか?と思っていた。

でも、最近ジジイは足が不自由になり、自転車どころか歩くのも足を引きずって歩くまでになってしまった・・・。

ジジイは私と父ちゃんが結婚する前に頭の血管がプッチンして、頭の中にいまも爆弾を抱えている。

その血管のこぶが破裂したら今度はいったいどうなるのか???

と思っていたらここ何週間前、そのこぶの血管がだんだん散っていってるのがわかった。

それを阻止するために点滴にほぼ毎日通っている。

9時前に連れて行き、私は一度帰ってジジイの電話を待つ。

そして処方箋の薬局に私が行って薬をもらって帰る・・・という感じなのだが、ハッキリ言って時間が拘束される。

午前中はでかけることができないので私は遊びに行くこともできない状態。

ジジイも、前は自分で薬局に行って薬をもらっていたのだが、とうとう私の役目になってしまった。

それがイヤなわけではないが、歩かないでいたら、本当に歩けなくなってしまう。

甘えもあるのか?本当に歩けないのか?

だが、病院内では歩いているのは間違いない。

という感じである。

007 008 009 だから、こんなジジイを置いて私が出て行くことはできないだろう。

父ちゃんが期待していた太郎、こうたと一緒に住みたい・・・という夢は儚く消えて行ってしまった。

これからジジイが歩けるようになる、という確率は少ないだろう・・・。

私は父ちゃんが定年で帰るまでジジイの世話に明け暮れないといけない。

ばあちゃんは「私がじいちゃんを任せて安心して仕事に行けるのは〇〇子さんのお蔭だから・・・」と言ってくれているが、私としては???である。

ちゅ~ことは、これからずっとばあちゃんが仕事を続ける限り私の仕事になってしまうのか・・・。

おお~~~、なんとむなしいことなんだ!

父ちゃんは一体どう思ってるんだろ~か?

私に任せておけばいいか・・・という具合だろう。(コイツのことだから・・・)

そう思うと実家の父なんて自分で病院に行き、嫁の手を煩わすこともなく逝ってしまったのだからほんとに良かったんじゃないかな?と思う。

これが長男に嫁いだサガなんだろ~けど。

でも、これから父ちゃんと一緒に定年まで引っ越しながら歩く・・・というのと、、これからどうなっていくのかわからないジジイの病院の送り迎えをするのと、どっちがいいんだろう???と自分でもわからない。

普通の人だったら主人と一緒に住むのが断然いい!という人が殆んどだろうが、ここで迷う私は、よっぽど父ちゃんと一緒に住みたくない!ちゅ~ことなのかな?

太郎、こうたは何処にも引っ越さないのが一番いいよね~。

こうなったら、何を一番に考えていかないといけないのかわからなくなってしまう・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

おりこうさんだったよ!

ここ何日暖かく20度近くあった日もあり春の陽気でしたが、また今日から真冬に逆戻り。

明日はまた雪がちらつくそうだ・・・。

こんな寒暖の差が激しいと体がついていかない・・・と最近になってひしひしと感じるようになったのは私だけであろうか?

さて、やっと今日こうたの病院に行って参りました。

ビビりなこうたは騒ぐかと思いきや、病院でも大人しかった。

ちゅ~より、恐くて固まっていたという感じだった。

おケツに体温計を入れられ、採血をされ(その時私の手を噛んで血を見るハメに・・・)ちょっと暴れて手こずったが大人しい方だった。

008 009 血液検査は1時間はしないと結果が出ないので家にFAXで送ってきた。

なんか私にはチンプンカンプンでまったくわかんないけど、その後電話が先生がかけて下さってきて説明を受けました。

聞いたところでこれまたチンプンカンプン???

腎臓には関係ないけど、なんかの値が多すぎたり少なすぎたりとか?

私にはわからないのでそこは先生にお任せ。

糖尿病ではなかったということで、まずは安心。

数値的には腎臓には異常がないということだけど、検尿をしてみないと詳しいことがわからないという。

004 006 これが検尿スティック。(スポンジ部分に尿をしみ込ませる)

これがまた尿を採るという事が難しい。

さて、用を足すのはいつも見ている行為だけど、どこからどのようにシッコが出るのかマジマジと見たことはない。

さっきトイレに入って用を足すポーズをとったのでスティックを持って慌てて構えたが遅かった。

何処から出ているのかわからないので失敗してしまった。

お尻を下げてオシッコするのでホントに難しい。

猫のオスもメスもオシッコはお尻を下げてするのだろうか?

太郎のオシッコだったら片足上げて、量も多いので採りやすいんだけどな。

001 002 003 病院から帰ってからこうたは、自分の体を触りまくられて臭いがついたのが気に入らなかったのであろう・・・。

1時間ぐらいかけて体中を舐めまくっていた。

採決した所を特に入念に。痛かったんだろうね・・・。

病院に行く道中大鳴きをして、病院でビビりまくっていたのか?

今日は遊ぼうという気がない。

ずっと一日中寝ている。

ま、具合が悪いということではないのだろうけど・・・。

005 こうたは今まで(太郎もだけど)具合が悪い所がない限り病院には連れて行った事がない。

だけど、今回こうたを病院に連れて行って採血してみて色々と「ちょっと数値がよその猫とちがうかな?」ということがわかった。

それが今すぐに病気に繋がるということはないけど、検査してみないとわからなかった。

やっぱいくら元気でも年に一度の健康診断というものを受けた方がいい・・・というのはこのことなんだな!というのが改めてわかった。

こりゃあ、太郎も健康診断に連れていってみないといけないかな?

健康だ!と思っていても体の中はわかんないからね。

しか~し、今の私の課題はこうたのシッコを上手に採取するということだ・・・。

誰か、猫の尿の上手な採り方知ってる方は教えてくださ~い。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

南へ東へ

次男が航海から帰り、兄ちゃんが卒業してヤレヤレ・・・。

やっと一息かと思いきや、また次男が今度は修学旅行へ出かけて行った。

航海で沖縄に行き、今度は長野、東京の旅ときたもんだ!

ええ身分じゃの~、私は行きたくても行けんというのに!!!

私は船に乗ってまで沖縄に行きたいとは思わないが、東京だったら私も一緒に連れて行って欲しかった~~~。

兄ちゃんが高校の時の修学旅行は北海道で、雪まつりの終わった直後に行った。

雪まつりの時は値段が高いからであろう・・・。

今年の2年は長野でスキー&スノボーで1泊して、その後はTDLと東京観光だそうだ・・・。

次男の希望としてはスキーなんか滑れなくていいから、東京観光もお台場見学に行くよりは、渋谷、原宿なんぞを制覇したみたいだった。

やっぱこんな田舎BOYでもファッションには興味があるみたいだ。

それと都会の女の子を見てみたいという単純なもの。

ここら辺にはいない、死語でいう今どきの「ギャル」がいいそうだ・・・。

絶対に可愛い子を見つけてアドレスをゲットすると息まいて出ていきやがった。

ど~せ、TDLに修学旅行に行くっていったら、みんなお上りさんだろ~が!

修学旅行の旅費は積立だったのでなんとかいいものの、お小遣いというものがいる。

この前航海に行った時もそうだけど、今回も万札が飛んで行った。

自分は南へ東へ行けていいものだが、お札が右から左へと飛んでいっちゃ~たまったものではない!

母ちゃんは次男が居ない間はお茶漬けだけで、ひもじい思いをしなくてはならない。

まっ、4日間はまたゆっくり一人暮らしでのんびりできるからいいとしよう・・・。

003 004 昨日は雨だったけど、今日は晴れてここんとこ比較的暖かい。

散歩に出るのも太郎は裸で十分である。

ちゅうか、一番助かるのは寒がりの母ちゃんなんだけどね・・・。

009 010 いつもお散歩で歩く遊歩道には水仙が満開。

誰が手入れをすることはなくひっそりと毎年この寒い時期に健気に咲いている。

歩く傍からいい香りが漂ってくる。

水仙って強い花なんだな~、ここは海の傍で風が強いのに毎年咲いているんだもんね~。

水仙を撮っていたら急に太郎の鼻が・・・、太郎も匂いを嗅ぎたかったのか???

011 012 013 こうたもちょっとコタツを抜け出してベランダに出てみる。

最近は色々な鳥がポム家の庭の木にやってくるので忙しくて家の中をダッシュで走る。

でも最近ちょっとこうたの体に異変を感じるようになった。

元気はいいし、食欲もあるんだけどね~~~。

気がつけば、水をいつも飲んでるし、シッコの回数も多いような?

それになんといっても痩せたような気がする。

抱っこした時にあのドッシリ感がなくなって軽くなったような?

こうたは短毛ではなく毛がモコモコなのでよくわからん・・・。

万札を次男が持って行ってくれるので、病院代まで手が回らない。

でもこうたの体を考えると万札が飛んでいってもしょうがない。

次男よ!他県にお金をばらまかないでいいからお金を少しでも残して帰っておくれ~~~!!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

タマゴからヒヨコへ・・・

タイトルがこんなだからアニマルポム家、今度はニワトリまで飼ったのか~?と思っている人が大半でしょうが残念!

もうアニマルズをこれ以上飼ったら父ちゃんに離婚されるので飼いません。

我が家の兄ちゃんがタマゴからやっとヒヨコになったということなんです。

この月曜日、兄ちゃんは今まで勉強をしながら働いていた?と言った方がいいのか?

いちお社会人なんですが、一人前になるために学校へ10ヶ月間入っていました。

その卒業式がありました。

032 033 今まで隠すこともなかったのですが、父ちゃんと兄ちゃんは結局10ヶ月間教官と生徒という立場で同じ所で仕事をしておりました。

これは異例のことなんですが、父ちゃんも兄ちゃんもやりにくかったことと思います。

だからこの兄ちゃんの晴れの日に親子三人で写真を撮ることができました。

私は父ちゃんに恥をかかせないため、な~んていいながら、スーツももう入らなくなってしまって着ていくものがないので着物を借りて行きました。

朝早く6時から友達の美容室に行って無理を言って、ヘアと着付けをしてもらい、それから急いで車を運転して1時間半、帯はほどけ状態・・・。

帯ばかり気にしていったい私は何をしに行ったんだろう?っていう感じもしないでもないが・・・。

卒業式が終わり会食、そして寮の荷物を持って兄ちゃんと新しい職場へ・・・。

これこそタイトルのタマゴからヒヨコへ・・・なんです。

今までタマゴの中でじわじわと大きくなりながら、色々な困難にぶち当たり、それを自分のものにしてやっとこの世に殻を割って出てきた・・・ヒヨコに成長してきたんだと思います。

これからがホントの一人前の社会人、一般の社会に出て仕事を覚えて一人前の人間になっていくのだと思います。

辛い事はこれから山ほど乗り越えなくてはならないだろう。

でもそうしないと一人前にはなれないからな!

029 030 031 今からこの汚い狭い独身寮で生活するんだ・・・。

私だったら絶対にこんな所はいやだ!と思うような。

共同トイレ、お風呂、台所と言えないような全部共同の男子独身寮。

「六畳一間の小さな下宿~~~♪」こんな歌もありましたが、まさにその通り!

いかにも「男の住み家」と言うような廊下には物が山積み。

絶対に用は足したくないと思えるようなトイレ。

ここで生活をしていく。

まあ、一人暮らしをして今までの家族のありがたさ、学校の寮はすっごい厳しかったけど暖かいご飯もあるし、そのありがたさがわかるであろう・・・。

002 005 月曜から三日間、兄ちゃんの引っ越しもあって太郎もこうたもずっとお留守番。

昨日なんか大雨の中を父ちゃんに休みをとってもらって兄ちゃんの引っ越しをした。

やっと今日落ち着いたかな?という感じである。

003 004 朝出たと思ったら夜まで帰って来ない。

帰っても母ちゃんは忙しくて太郎、こうたの相手なんぞしてる暇はない。

ふたりには寂しい思いをさせちゃったね・・・。

と言いながら私はまたパソコンに向かっているので、二人とも相手をしてもらえないとわかって各々が寝ている。

明日からはまた母ちゃんはおうちにいるからね。

こうたは母ちゃんと一緒に追いかけっこして遊んで、太郎は久しぶりに車でお散歩連れて行ってあげるからね~~~♪

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »