« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

満足、満足!

今日は朝から誰もいない生活・・・。

心にゆとりがある日っていうのはいいもんだな~。

関東では桜が咲きまくっているというのに、こっちはまだ全然蕾状態の寒い日ばかり。

昨日なんて、朝は晴天だったのに昼から雷とともに大雨が降りだしたという不安定なお天気で寒い!

今日も午前中は晴れだったが昼過ぎから雨になるというので、早めのお散歩・・・。

002 いつものように車に乗せて「波の橋立」へ。

昼過ぎのお散歩、早いとは思ったけど夕方のようにお散歩の人も少ないだろうと思ったら犬連れの人が・・・。

お散歩と言えば夕方が当たり前と信じ込んでいる私なんでちょっと意外だったな!

でも、雨が降りそうもないので、そこの近くの山に連れて行った。

008 003 山の上のキャンプ場。

ほんとは犬は連れ込み禁止なんだけど、今はシーズンオフで管理人もいないし、太郎をまた放してあげたら走る、走る・・・。

今、下で走っていい加減運動も足りているようなんだけど、まだ走る・・・。

犬には走るということに限度がないのだろうか?

それとも太郎がおかしいのか?

006_2 004_2  このキャンプ場の下界はこのような海。

午前中だったら晴れててもう少しキレイに撮れてただろうけど曇っていたから霞んでいます。

だけど私がアウトドア派であっても、ここのキャンプ場に泊まろうという気持ちは起きないな!

遊ぶトコないし、施設が何もないし、あるのは管理棟とお炊事できるトコだけ・・・。

007 そして、喉が渇いても高いので太郎は自力ではお水も飲めませんでした。

そばにホースがあったからそれで飲ませたら途中でサビた赤い水が!!!

ゲ~~~ッ!すぐに飲むのをやめさせたけどお腹大丈夫だったかしら?

005_2 009 太郎はいっぱいお散歩できて満足だけど、こうたはお留守番ばかりなので全然満足できません。

ごめんね~~~、こうたには家で遊んで満足させてあげることしかできないよね~。

「太郎兄ちゃん、自分ばっか遊びに行けていいにゃ~~~。」

だけどアホ太郎は夕方になったらお散歩に連れて行け!!!と催促をする。

おまえはアホか???さっき行っただろう???って感じですがそのまま放置。

太郎には時間でしか物事が判断できないんだろ~ね~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

カウントダウン

色々忙しくやっと更新できました。

何が忙しいって???

そりゃあ決まってるでしょ~~~!

毎回、毎回、父ちゃんの愚痴を言うのもなんだけど、そうなんです。

最近は自宅通勤かい?オマエは!!!という感じで父ちゃんが帰ってくるんです。

わたくし、もうノイローゼになってしまいそうです・・・。

帰ってきては例によって何もすることはない、出かけることもない、ブッ座ってボ~~~っとしてはタバコばっか吸って、何か文句を言って、最後に言う言葉は

「自分の家に帰って何が悪い・・・。俺が帰って来てもみんな嫌な顔をする!!!」

そりゃあ、嫌にもなるよ!いっつも帰ってきたらこの状態なんだから!(ブチ切れ)

もう、顔を合わせれば喧嘩になるので、私は好きにさせてもらって出かけたりします。

たまに帰ってくるんだったらいいけど、最近は何日かおきに父ちゃんのしかめっ面を見るんだったら私がいなくてもいいだろう・・・って感じ。

001 002 父ちゃんの事を話題にするのも疲れるので、カウントダウンの話題に移りましょう。

カウントダウンは大晦日だけではありません。

私にとっては息子離れをする日までのカウントダウンがあと1週間をきってしまいました。

夜にしかバイトに出なくて、この1年間ずっと毎日家にいた我が家の兄ちゃん。

昼になれば「昼飯は???」夜になれば「晩御飯は何?」うっぜ~~~!!!

・・・とこれまたノイローゼになるような呪文を毎日聞かされ続けてきたけど、もう社会人になって出ていくと思うと寂しくなってくる。

帰ってこれないし我が家に帰ってきたとしても、ゆっくりできるということはないだろう。

そう思うとウザかったこの1年間が母子が一緒にいれる貴重な1年だったんだな~と悲しくなってくる。

やっぱ子離れできていないんだろうな~私って!

003 004 次男も口には出さないけどさみしいんじゃないかな?

太郎はモチロン悲しいだろう。

いつも母ちゃんが夕方忙しい時は、兄ちゃんが太郎の散歩に連れて行ってくれてたもんね・・・。

これからはまた専門学校に行って兄ちゃんがいなかった時の生活に戻って、母ちゃんが夕方遅くなっても散歩に連れて行ってくれる者がいなくなるもんね~。

006 こうた嬢も兄ちゃんが学校を卒業して我が家に帰って来たときはなかなか兄ちゃんにも慣れなかったけど、今では「猫の方が俺は好きだな~」なんていうように慣れた。

いつかは誰もが親から離れる時がくる。

我が家にいた分、これからやっていけるのかと兄ちゃん自身よりも母ちゃんの方が不安で不安で・・・。

子離れをされた先輩ならこの気持ちわかっていただけますでしょうか?

それとも私が親バカなんであろうか?

まあよい!兄ちゃんが3度目の正直でやっと合格し選んだ道に進めることができて、今から巣立っていくんだから母ちゃんも作り笑顔で見送ってやらなければ・・・。

と、思いながらも出ていくまでに力仕事や電球の取り換えも・・・と何の用事をさせてやろうか?な~んて出て行くまでコキ遣ってやろうと企んでいる鬼母ちゃんでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

なんなんだ、この解放感は!

太郎は散歩に行ったら必ずこの草を牛のようにワシワシ食べます。

で、次の朝のウンには、草に絡まったキレの悪いウンをして何度草を引っ張ってウンの出がよくなるようにすることか・・・。

003_3 004_2 でもそのせいか、ウンはどっさり、おまけに運動をよくするせいか、体重も減ってくれたし、体もこんなに締ったような気がする。

これは親の欲目だろうか?

で~~~~、また母ちゃんの愚痴聞いてくれる~?

愚痴を書くと言ったら父ちゃんのことしかないんだけど、先月父ちゃんが異動になって職場が変わり土日は何かない限り休みになるんです。

それから毎週土日には泊まりに帰ってくるんです。

以前は仕事が忙しく帰ってきても泊まるということは滅多になかったが、こう毎週毎週帰ってきて泊まると私たちも息が詰まってくる。

先週帰って来たとき、出不精&趣味もないのでトレーニングに付き合わせたら1時間もしない間にもう飽きて帰ろうという。

私はまだ居たかったのに~。

それからも家に帰って何をするわけでもなく、ボ~~~っとテレビを観てるだけ・・・。

ほんっと趣味がないのが困りものだ!!!

今週は明日が当直で仕事なので、金曜日仕事が終わって帰ってきて夕飯を食べて今日の夕飯を食べてお帰りになりました。

それはいいのよ、でもその「間(ま)」っていうのか、なんと説明してよいのか?その家の中の雰囲気がピーンと張り詰めたというかなんというか?

父ちゃんも安らぎを求め帰ってくるんだろうが、お互いが安らぎになってない。

太郎、こうたに対しても私が気を遣わないといけないし、子供も父ちゃんの顔色をうかがいながら・・・というのがよくわかる。

父ちゃんが夜社宅に帰っていったら、太郎、こうたも、そして私たちもホッとする。

ほんと、我が家にいるときと帰って行った時と、家の中の空気が違う!!!

ただ一言、開放感としかいいようがない!!!

007 006見てください・・・。なんか父ちゃんがいなくなったら太郎も笑顔になったような気がしませんか???

005_2   と思うのは、またまた私だけでしょうか?

この何日暖かかったので桜の蕾もこのまえよりかは膨らんできたような感じがする。(これも気のせいか?)

008こうた嬢も父ちゃんがいると二階に上がったままだったけど、ここ何週間毎週のように帰ってくるので、父ちゃんにもイヤイヤながらも抱っこされるようにまで馴れた。(いいのか悪いのか?)

また来週も父ちゃんは帰ってくると宣言して行った。

そう宣言されると「またか~」と憂鬱な気分で一週間を過ごさないといけない。 009 011

毎日帰っていらっしゃる旦那様が当たり前のこの世の中、こんな事を思う私は間違っているのかもしれないが、とにかく我が家に帰ってくる父ちゃんと、社宅に行ったときとか、私と我が家ではなく、別の場所で会う時の父ちゃんとは別人というところが合点がいかない。

このギャップの大きさがどうも理解できん!!!(やっぱアニマルズが原因か?)

まあ、この前の温泉お泊まりを頭に叩きつけ我慢?するとしよう・・・。

最後に解放感に満ちた久しぶりの太郎のダッシュの動画をどうぞ!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

愛情の深さ

何年か前に「盲導犬クイール」を読んで、NHKでドラマがあったのも観て、それで太郎(ラブラドール)を飼うことに決めた。

映画化されたのもレンタルで借りて観て、こんな映画を見ると泣くというのはわかっているんだけど、どうしてもテレビで観たり、本を読んでしまう。

005 もう何ヶ月も前に読もうと思って買っていた本。

字も大きくすぐ読めるような本なんだけど、ずっと読まずにいた。

先日、何気にテレビを観ていたら「クイール」の映画をしていたのでつい観てしまってはまた涙・・・。

見なければいいのに・・・とわかってはいながらも観ては泣いてしまう。

で、それでやっとこの本も読まなくては、と思いやっと読んだ。

やっぱり涙。

この手の本、泣いてしまうのはわかっているんだけど、どうも買ってしまう。

002 003 それかといって、犬の本だけとは限らない。

命の重さは人間も動物もみんな同じ、大切なもの。

だけど人間は言葉がしゃべれるので言いたいことはこっちに伝わってくる。

けど、動物はどこが痛い、自分の症状、言いたいことは伝えられない。

何が言いたいのか、何が伝えたいのか???

だから余計に可哀そうに思うのかな?

太郎もこうたも催促や甘えてくるのはわかるけど、どこか体に支障があってもどこがどう痛いのか悪いのかがわかってやれないのが私、おまけに毎日一番傍にいるのにわかってあげられないのが悔しい・・・。

これから、だんだんモモも太郎もこうたも私よりも早く歳をとっていくのは確実だ(私が先に死なない限り・・・)

な~んか、この本を読んでサカリの時はちょっと勘弁!と思ってしまうけど、昨日、今日は太郎といろんな光景を見ては話をして散歩をして、太郎の目を見てつまらない話をしてもちゃんと聞いていてくれるし、こっちの愚痴の言いたいことは伝わらないけど、いっぱいお話して、いっぱい触れ合ってあげたいな~と思った。

愛情の表現は難しいけど、愛情には深さの際限というものはないと思う。

わがままにする気はないけど、もうちょっと太郎の目を見て太郎の言いたい事を聞いてあげようと思うことにした。

もちろんこうたにも、モモにも・・・。(御免!冬眠中のカメ蔵もだった!)

だけど、こうたは甘えてきてくれないし、自分勝手な行動が大好きで「私にかまわないで!」タイプなのであまりにベタベタすると血を見ることになる。

と、普段何気にアニマルズと生活していたけど、先に逝ってしまったちゃーちゃん、ポムに申し訳ないと思いながら気持ちを新たにしようと思った。

001 そして、よそ様のブログでは目にしていたフキノトウ。

今日、山で見つけて採ってきてしまいました。

普通だったら「フキノトウだ・・・」で見ても知らんぷりだっただろうけど、もう見ることもできない母に見せてあげようと採ってきて写真の前にお供えした。

そう考えると、我がアニマルズはもちろんのことだけど、実の母にも同じ、いやそれ以上愛情を注いであげたかった・・・と後悔の念で一杯だった。

なんか久しぶりに、こんな人間離れした私でも、人間の心を取り戻したような暖かな春の日でした。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

暖かくなると・・・

今日はとっても暖かい。

昨夜まで雨が降っていたのに今朝は久しぶりにいいお天気です。

春になると太郎も相変わらずそうですが、夜中になると猫が「あう~、あう~」と相手を求めて歩いてうるさい、うるさい!!!

006 007 自分のテリトリーに猫が入ってこないかと気が気じゃないこうた。

夜も熟睡せずになんかそわそわしてる。

避妊してても、この時期は気になるのかな~?

今朝も朝から暖かいし窓も久しぶりに開けっ放してるので、二階のベランダに行ったり次男の部屋の窓に行ってみたり忙しいこと。

008 009 005 落ち着きがないけど、たまに太郎の行為を「何をしてるんだ?」って顔で見ています。

この行為もいつになったら終わるのか?

ハニーちゃんの傷を手術したと思ったらまた噛んで破ってくれるし、さっきも手術したらまた破ってる・・・。

もうすぐハニーちゃんの体はボロボロになってしまうんじゃないかな?

002 この太郎のお顔が「かあちゃ~~~ん、うまくできないからハニーちゃん持っててくれよ~」というお顔。

そんなことしるかい!みんなそれを乗り越えていくんだ!しっかりしろ!太郎ぅ~~~。(誰がじゃい!?)

001 003 これだけ噛んでブンブン振り回せばハニーちゃんの体もボロボロになっていくはずだ・・・。

欲求は満たされないままハーハーと言いながら疲れてフローリングの冷たいところで仮眠してはまたハニーちゃん

の所に行く。

かわいそうにも見えるけどご苦労なことだぜ!

この前の金曜日、体重測定に太郎を連れていきました。

太っていたと言われたのが44キロだったけど、そんなにもあるかな~?と疑問だった。

確かにそのときは太っていたけど、あれから2か月も経ってないないかな?

金曜日に測ったら36キロ、やったぜ!!!

間違いじゃないかと先生も体重計の台を代えて測っても36キロ・・・。

今が一番いい体格と言われた。

お腹も締まってるし、肋骨が少し見えるくらいがベストだと。

食事の量は減らしてないから、きっと運動不足だったんだな~。

それとハニーちゃんとの戦いが効いたのかもしれない。

このまま運動を続けて今の体型を保つぞ~~~!!!(あとは母ちゃんの体を締めるだけだな!)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

愛しのハニー

また今年もやってまいりました。

母ちゃんにとっては恐怖の太郎のサカリが・・・。

005 006 サカリが近付くと太郎は母ちゃんのお股を嗅ぐのはもちろんのことだけどリードを噛み切るんです。

これで何本リードをダメにしたでしょうか?

去年の秋もそれっぽい感じだったけど、たいして酷いサカリではなかった。

011 012 013 去年の春に大変なお役を果たしたハニーちゃん。

サカリが終わるころにはボロボロにされ中のスポンジが出てた状態だけど、母ちゃんの下手な手術でなんとか復活ができるようになった。

・・・と思って押入れから出して太郎の前に差し出すと1年前の事を覚えていたんであろうか?目を光らせて必死こいて行為をいたし始めたが、また去年と同じ。

「母ちゃん、持っていてくれ!」光線。

でもそんなことに付きあってあげるほど母ちゃんは暇じゃない。

ひとりでハーハーいいながらなんとかやっているみたいです。

もちろん愛の別室に隔離で甘~~~い時間を過ごされてます。

ハニーちゃんを与えてやりだして家の中ではどうにかできますが、散歩に行った時には母ちゃんが犠牲になるけど、こんな時はドピシ!をしてもなんの効果もない。

あと1週間ぐらいの辛抱かな?

010 009 008_2  太郎は母ちゃんのお股だけでは飽き足らず、こうたのお尻を嗅いだり、この前なんかモモを遊ばせておいたらモモを臭ったかと思うと、太郎は鼻でモモをひっくり返したりしていた。

メスだったらなんでもいいのか???

こうたは避妊してるし、経験がないお嬢様なんで太郎のドッタンバッタンする姿を不思議そうな顔をして見ている。

001 002 004 そして、太郎とは関係ないけど今週から、私のこの腹の出た自分に嫌気がさして、市内の施設のトレーニングルームに通いだした。

1度の使用で210円なんでとってもお手頃。

スイミングスクールの中にジムがあるが1か月に8000円も取るので高すぎるので行けない。

兄ちゃんも4月からは体力のいる仕事に就くので一緒に行っている。

これで一石二鳥かな?(私が何日続くかわからんが・・・)

2年前までダンスをしていた頃は1時間踊り続けてもどうもなかったが、太郎の散歩だけじゃ筋肉は落ちるし、すぐ息が切れるようになった。

こりゃあマジで続けていかなければいけないと心に誓った母ちゃんでありました。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

父ちゃんとお散歩

父ちゃんが人事異動があって初めてお泊まりで帰ってきました。

前の職場は休みといっても休みでない職場だったけど、今度はよっぽどじゃない限り土日が休みになりました。(それが当たり前だよね・・・)

昨夜は、公立高校の卒業式。

今年は我が家は卒業生がいないので関係はないけど、夜祝賀会があって役員なので出席してきました。

二次会にも誘われたけど先生方と行っても楽しくないし、温泉のホテルであったから、先生方がバスで帰られるのを見送って、仲のいいお母さんと二人で温泉にタダで入って帰りましたspa

最近温泉に入る機会が多くてしあわせ~~~heart

父ちゃんが帰ってきても、何をするわけでもなく、何処に出かけるでもなくゴロゴロ寝ころんで本を読んだりテレビを観たり・・・。

まあ、腹も立つけどこの前の温泉お泊りを思い出して我慢我慢。

001_2 002 003だけど夕方には連れ出しましたよ~。

前の職場には歩いて出勤だったので運動にはなってたけど、今度は車で通勤だから運動する暇もないだろうと優しい妻の愛の鞭impact

太郎とジョギングしてこい~~~!でも太郎は父ちゃんに気兼ねをしていつもの本流発揮の走りではなかったけどね。

結局母ちゃんも太郎が何度も後ろを振り返るので走る羽目に・・・。

でも体が重く途中でダウン。(こりゃあ、マジで鍛えなくてはrun

005 006 007 今日も散歩が終わって面白い物がないか? と物色してみました。

そうたいしてめぼしい物もなかったけど、このライターの電話番号が気になった。

やっぱこんなのって韓国でも飲み屋のライターなのかな~?なんて思ったりして・・・。

次男がこの写真を見て「電話かけてみようや~」なんて言ったけど、日本でいう市外局番っていうのかな~?それもわかんないし、第一、国際電話のかけかたさえわかんないのにどうすんじゃ?

その前に電話をかけてどうすんじゃ?って感じで、こんなゴミをネタに盛り上がるバカポム一家でありました。

008 009 010 こうたはこの通り。

昨日は父ちゃんがいるけど寒さには勝てず我慢してコタツの中に入っていました。

でも今日は一日、日が当たる二階の出窓のとこで寝ていました。

そして父ちゃんが夕飯を食べて帰っていったらゴソゴソ下りてきてゆっくりsleepy

父ちゃんが帰ってきて、誰ひとりとして喜ばない感謝のない我が家でございました。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »